スポンサードリンク

2013年02月20日

夏みかんの剪定

夏みかんの木を育てていると、どうしても途中で出てくる疑問
というか、やらないといけないイベントとして剪定というものが
ありますよね。結構ここで壁にぶち当たる人もいるでしょう。

夏みかんの木は思った以上に成長が早かったりもします。木って
こんなに早く成長するもの?なんてことを考えるかもしれません。
だからこそ夏みかんの木も剪定が必要になってくるわけですね。

夏みかんの木を剪定するにあたって重要なのがタイミングです。
このタイミングがずれると剪定自体が無駄になるばかりか木の生命を
脅かすことにもなりかねません。通常農家の方が剪定をするのは春先が
多いようです。

コツですが、何でも切るというわけではなく、邪魔になると思われる
枝だけをちょっとずつ切っていくという手法が取られるようです。

夏みかんの木剪定を厳格にやるとなると、1月から2月の時期には
行わないようにすることが大事だとのことです。

というのも、この1月から2月という時期は花芽分化期になるのだそうです。
つまり他の生物で言うところの繁殖期ということですね。確かにこの時期に
剪定をやられたらたまったもんではありませんよね。。

適切な時期に適切な量だけ剪定をする。これは基本中の基本になってきそうです。

とはいいつつ、剪定で何か全てが決まるということえはないので、あまり大きな
イベントとしてではなく、少し邪魔になっている枝を整理する、という位置づけで
行うことが多いようです。

最終的においしい夏みかんの実をつけてくれることが一番重要なことです。
ですので、そのために必要な環境づくりというものをめざしていかないといけない
わけですよね。

おいしくできた夏みかんを食べる楽しみを思い浮かべながら剪定も進められると
いいですよね。
タグ:剪定
posted by 夏みかん at 21:52| Comment(0) | 夏みかんの剪定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

夏みかんの収穫時期

夏みかんの収穫時期は地域によって少し差が出るようです。

その前に夏ミカンの性質ですが、酸味が抜けるまでに時間がかかります。
ですので、収穫したからといってすぐに食べれるわけではありません。
これを踏まえて収穫時期も判断していかなくてはなりません。

また、夏みかんは寒さに結構弱いです。ですので、寒い地域では寒さによって
夏みかんがダメになる前に収穫をしてしまうことがあります。時期としては
年末、早ければ11月頃から年明けの1月くらいまでの間に収穫してしまい、
その後貯蔵しておくことで酸味が抜けるのを待ちます。

もしそこまで寒さが厳しくない地域であれば、4月から6月頃が収穫時期になります。
これくらいになってくると木になっている段階から酸味が取れてきていますので、
収穫してからすぐに食べてもおいしく食べることができるでしょう。

八百屋さんやスーパーに並んでいる時は収穫時期によって味が異なるなんて
ことは全く考えたことがないという人も多いのではないでしょうか。とにかく
夏みかんって甘い、そういったイメージを持っている人もいるでしょう。

これは夏みかんに限ったことではないとは思いますが、作物が収穫されてから
食卓に届くまでの間には様々な工夫がされているのです。いかにおいしく食べて
もらうか、ということに努力がはらわれているということですね。

こういった背景を知ると、食べる時にも感謝の気持ちもわいてきますし、
一層とおいしく食べることができるのではないかと思います。
posted by 夏みかん at 23:46| Comment(0) | 夏みかんの収穫時期 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。